北の大地で便秘解消

北の大地

便秘に悩む人に向けた「北の大地の天然オリゴ糖」

10年以上続く、朝の悩みからの開放。

健康のために、自然にスッキリしたい。

と、言う方に向けたこの商品。
毎日の生活に取り入れることを一度考えてみていただけませんか。



便秘とは

便秘(べんぴ)とは、ヒト(または他の動物)において便の排泄が困難になっている消化器の状態のことである。

概要

写真

以下説明文が入ります。

一般に、 * 一般に排便の無い期間の長さ(排便が3日以上無い、週に3回以下しかないなど) * 排便の困難さ * 残便感 などで認識・診断される。「毎日便が出なければならない」と考える者も存在するが、各個体の排便間隔は体質、環境などによりまちまちで、一意に決めることはできない。 日本内科学会の定義では「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」 となっている。 便秘の対義として下痢ないし軟便を用いることがあるが、下痢・軟便の状態でも便秘になることはある。 便秘はその原因から2種類に分類される。 * 腸に障害がおきていて腸管が狭くなっている場合の「器質性便秘」 * 腸管の機能低下、または機能異常による場合の「機能性便秘」(食事性便秘、直腸性便秘、痙攣性便秘、弛緩性便秘) 具体的な状態としては、 * 腸の一部が締め付けられ、細くなったり遮断されたりして便が動けなくなる。 * 麻痺により腸の蠕動ができなくなった場所で便が動けなくなる。 * 過度の脱水により便が硬く大きくなり、排泄されなくなる。 * 便の量が少なくなり、固い塊(兎糞状)になる。 などがある。 また、自覚症状として、腹痛、吐き気、直腸残便感、腹部膨満感、下腹部痛、食欲不振、めまいなどをともなう場合がある。 便秘の外部的要因には次のようなものが一例として挙げられる。 * 食物や食物繊維の摂取が不十分なため、適切な咀嚼が行われなかった。 * 薬の副作用。カルシウム剤、コデインなどの鎮痛剤、鎮静剤、制酸剤、鉄剤、利尿剤(水薬)、抑うつ剤などには、副作用として便秘をともなうものがある。 * ホルモンバランスによるもの。 * 心配事や環境などによる精神的なストレスを受けている場合に、便秘や下痢などといった消化・排泄への影響が発生する事もある。 これらは、互いに原因となる多様性があり、女性はホルモンの関係にも伴い陥り易いほか、加齢によっても便秘になりやすくなる傾向や、性別に拠らず職業を含む生活環境によっても便秘となりやすい傾向も見られる(後述)。 S状結腸の過長等により、腸内に便の通りが著しく悪い個所が存在する場合、直腸内は空になっていても便秘になりやすい。この場合、薬局で市販されている浣腸では便まで薬が到達せず、排泄を促進することができない。 多くの場合、短時間しか続かないが、重症の場合は排泄できず中毒死する場合もある。


治療 治療には、下剤の摂取により便の排泄を試みたり、早期の治療には浣腸も含まれるが、そういった状態が常態化すると、体がそれらの刺激で排泄をするのが当たり前になってしまい、それらを欠かすとなおひどい便秘になる場合もある。 浣腸にはグリセリンなどが入っており、これらの直腸への刺激で排泄を促すものだが、刺激が強く急激に催し、また悪寒や吐き気などといった症状を誘発させる場合もある。グリセリン浣腸では、我慢しきれずすぐに出してしまうなど使い方が悪かった場合などには、後述するような体質にも拠り、出し切ることができず不快感が残る場合もある。完全に腸内の便を取り除くのを望む場合には、腸洗浄と呼ばれる処置もある。こちらはぬるま湯(生理食塩水を使う場合もある)を注入、それらの湯と一緒に排出するが、注入時に無理な圧力を掛けると直腸穿孔など負傷のおそれもある。したがって専用の器具が利用され、また市販もされているが、基本的には専門の医師などの指導が必要といえる。また、こちらは専用の器具や温度管理などで手間が掛かるが、注入量が多く刺激が少ないため、腹痛などの問題がおきにくいなどの体験談も聞かれる。民間療法の範疇としてはぬるま湯や生理食塩水以外のもの(コーヒーなど)を使うという話も聞かれるが、医学的に根拠は無い。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


写真

以下説明文が入ります。

説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。
画像を左に寄せて、文章を右に入れる場合は、画像タグに「class=”left”」と追加します。
このように、画像と一緒に文章を並べる場合は、<pre>タグを使って文章を記述しないようにして下さい。

また、一行分スペースを空けたい場合は、<br />タグを連続するのではなく、<p>タグで段落を区切るようにしてください。
そうすることで、美しいソースが記述できます。


写真

以下説明文が入ります。

説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。
画像を左に寄せて、文章を右に入れる場合は、画像タグに「class=”left”」と追加します。
このように、画像と一緒に文章を並べる場合は、<pre>タグを使って文章を記述しないようにして下さい。

また、一行分スペースを空けたい場合は、<br />タグを連続するのではなく、<p>タグで段落を区切るようにしてください。
そうすることで、美しいソースが記述できます。

ご購入はこちらから

その他美容情報